Limit Crash

個人的な趣味のブログです。

念願の地へ!!

日常


今日は、釣りに行く予定だったけど予報通り雨が降ってきたので
ずーーっと行きたいと思ってた念願の場所に向かってる途中で
ココは霧立峠の頂上でさすがにすれ違う車も少ないです・・・
それに、車のノッキングのチェキもするので遠乗りは有り難いよ~

dsc-3980.jpg

目的地に、到着したけれど出発してから120km地点ですかね・・・!
近くの町から、20kmの山奥で人の気配は皆無です~
代わりに、聞いた事がない鳴き声とか色々聞こえてくるよ
ココの場所は、何処かと言うと・・・
dsc-3982.jpg

三毛別羆事件復元跡地で、今から約100年前に現れた1頭の巨熊によって
7名(胎児を含む)が犠牲になった羆絡みでの壮絶な事件が起こった所です

dsc-3983.jpg

基本的には、この羆と小屋がメインだけど運が良ければ
モノホンのヒグマに出会えるけれど・・・ 今日は運が無かったみたい・・・

dsc-3984.jpg

案内図は、こんな感じで楽しい雰囲気を出してるけれど現場は
本当にいつヒグマが現れても不自然じゃ無いので
怖いなら無理してココに来ない方が良いかと思います~~~

dsc-3985.jpg

破損してる見た目からしても、かなり前に作られて置かれた物だと
思うけれど、何の為にあるのか入り口で脅かす為なのかなー

dsc-3986.jpg

小屋の中に入ると・・・ 心配してたけど蜂の巣は無さそーでした~~~!
蜂は恐いってより、気持ち悪くて虫嫌いも異常だと自分でも思う・・・
意外に居心地が良さげで、天気良けりゃ昼寝もアリかと

dsc-3987.jpg

当時の事件が風化されない事を願ってかアイテムのすべてがそのままの
感じで、この小屋の作りといいヒグマに対しては無力ですよね・・・
現代人だって、未だに猟友会に頼ってるので北海道での
最大の脅威は間違いなく、ヒグマの存在でしょーねー

dsc-3988.jpg

三毛別事件が要約されてて、より深く知りたい方は関連本が多数刊行されてるので
テに取って読むと、当時に起こった壮絶さを体感出来ると思いますねっ

dsc-3981.jpg

奥側にゲートがあって、道が続いてるので気になります~~~!
踏み入るのも自己責任なので、無謀は控えますよー

軽はずみで、来てはイケない様な場所ではあるけれど
普段行ってる山奥とは何か違う雰囲気がありましたね~

ずーーっと先延ばしで、よーやく訪れる事が出来たので
念願叶ったと言えば大袈裟だけど、今日もイイ夢見れそーです
Newer Entry苫前町郷土資料館 Older EntryRUMBLE ROSES XX

Comments


ついに行かれましたか三毛別羆事件復元跡地っ!! ありがとうございますっ!!!!!!!!
ホント行ってみたいのですが~.....北海道は遠いっ!!w

この大きさはもう怪獣ですわ......この「穴持たず」と同じく
別ブログ記事に載せてくれた北海太郎も巨大だったんですよね~

やはり空気感とか違いますかね?? 他に観光客は居ました?????
なんか質問ばかりですみません興奮してますっ ^^;

この事件を知ったせいで、熊を見ると
たとえ愛嬌を振り舞いていても恐怖しかありません......
名作『レヴェナント』も熊襲撃シーンが強烈過ぎて他の記憶が...w

ブログ記事にしてくれて本当にありがと~~~~~☆
>おちゃっちさん
タイトルに念願と書いたけれど、実際には悲願に近くて良い意味で前の夜は眠りが浅かったです~~~v-398
北海道から見れば、本州は同じく遠い地なのでこっちに無い物を見ると想像で本当にワクワクしますよっ
ヒグマ関連の事件では、この三毛別とワンゲルが有名で今でも語り継がれてるけれど巨熊は存在が
あり得ないと思うし、クマ牧場で人慣れしてる熊達を見るとそのギャップで驚きますね・・・v-219

ブログで、書き足りない事も多いので質問してくれる事はとても嬉しい事なんですよーーーv-421
空気感が、まずとても空気が綺麗でそれでいてジャングルってこんな感じかな?って危機感も強かったですねっ
この復元跡地には、今まで多くの方が来たと思われるので最近は訪れる人も少ないかと思います~
それに、この日は雨が強く降ってたし現地には40分ぐらい居たけれど誰も来なかったですよv-358
もし晴れだったら、ココまでの案内看板を撮りたかったけど「あと5km先」とかイラスト付きで良かったです~

レヴェナント等の作品で、クマ登場のシーンがあって大抵は恐ろしい存在に描かれてるけれど
実際には、北海道のヒグマよりも本州のツキマワグマの方が気性が荒くて厄介らしーですねv-285
子連れだったり、手負いとか鉢合わせで無い限りはヒグマから襲ってくる事は少ないらしーですっ
知床では、スポットとしてヒグマと接近出来る共存のシステムを構築してるけれどアレは危険ですね・・・
観光客が、ただ珍しいだけでヒグマに対しての知識が少ないのに興味本位だけならいつか事故起きますよv-356

今回の記事で、少しでもおちゃっちさんが喜んでくれたなら本当に嬉しいですよ~~~v-354
北海道で、ヒグマの事を害獣だと捉えてる人も多くてそーしてしまったのは人間なんですよね・・・
自分はもちろんそーは思わないし、元々先に住んでたのはヒグマなので人側が気を遣うべきだと思いますv-426

雨降りなのによくこんな所に行ったよね、、

怖くて写真撮れずに帰るわよ~www

でも念願叶って良かったね☆

どれだけ好きなのよ!ヒグマのこと♪

ツキノワグマよりも羆のほうが巨大=凶暴 というワケでは無いのですね~
クマ射殺というニュースを聞く度、正直
「せめて麻酔銃とか餌場とか作って町に降りてこないようにできないかな?」
と思うのですが、熊被害に無縁の土地に住んでいる者の無責任な言い分でもあると思い
色々と複雑な気持ちでいたのです.....
今まで熊を擁護するような意見を言わなかったのはArtoさんが道民の方だったから ^^;
実はクマも含め動物大好きなのですが、怖いのは「クマ」では無く「野生本能」なのです。
人間と違い野生動物はお互いのテリトリーを犯さない生き物なので人間も守るべきとしか言えないかな......

三毛別羆事件復元跡地を訪れて感じるべき事は「クマ怖い」ではなく「自然を壊さない」事だと思います。
私のように野生動物の本能を恐れているほうが安易に近づかなくていいかとw
三毛別羆事件復元跡地の紹介どころか道民でもあるArtoさんの意見も聞けてホント嬉しいですっ!!
ありえないホドの長文&連コメ大変失礼しました m(_ _)m
>yumiさん
実は、雨降りは好都合だと思ってて何故かと言うときっと虫が少ないと思ってたんだよ~v-410
実際もそーであって、おかげで長居出来たしピーカンだったら虫で怯えてたかも・・・!
それと、誰も来なかったのでゆっくり好きなだけこの場を堪能できた事にも感謝しているよv-352

生き物の中で、特に興味があるのはヒグマとホオジロザメで圧倒的な存在に惹かれてしまうのですv-398
だけど、そんな動物に関心あるのに人一倍に虫が大嫌いなのは自分でも情けなくてねっ
yumiさんも、あっち方面に行った時はこの三毛別事件復元跡地に寄ってみて下さいね~v-426

>おちゃっちさん
ヒグマとツキノワグマの遭遇率がどっちが上か分からないけれど人が出会って狩られるのは
たぶんツキノワグマの方で、最近襲われて亡くなってる人も増えてますよね・・・v-285
ヒグマで救われてるのは、群れをなす習性が無い事でもし何頭も現れたら絶体絶命ですねっ
ヒグマに対する擁護は、北海道でも限りなく議論されてて農作の生産者にとってはもちろん存在で
あまり駆除してしまうと、シカの繁殖が止められなくてそれはそれで大きな影響が出ると思います~v-354
この件に限らず、擁護と言っても個々の意見だと思うので静観する事が大切です~v-426

例えば、犬や猫がもし人に対して常に危害を加える存在であればヒグマの様に恐れられるでしょーね~
もちろん、ヒグマは野生本能を持ち合わせているけれど必ずしも襲ってくる存在では無いって事で
知床の様にヒグマとの無理ない範囲での共存を提唱してる地域もあっていずれ丸く収まる事を願ってますv-421
おちゃっちさんの様に、野生動物と接触しない意識はとても良い事だと思えますよー
やはり、危機感及び自己管理に乏しい人は色々な形の事故に直面し易い気がとてもしますしね・・・v-390
北海道で、今直面している問題で猟友会の高齢化で誤射事件も増えてるし今後の成り手も不足してます~
狩猟免許を取ったとしても、法的にしばらくは散弾銃でヒグマと対峙するので危険満載ですよ!
好きなジャンルでもあるので、こちらこそ長文になりました~ 書くのがとても楽しかったです~~~v-266


 

 

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Arto(アルト)

Author:Arto(アルト)
北海道在住 A型 ♂
誕生日 4.13
趣味 ドライブ
ルアーフィッシング スキー
ポタリング 食べ歩き
TVゲーム(Xboxone)
映画&音楽&格闘技鑑賞
好きな有名人 山本梓
綾瀬はるか 川口春奈 山本彩
森高千里 ジェシカ・アルバ
好物 トンカツ カツ丼
カツカレー ハンバーグ
グラタン ピザ
嫌物 寿司 納豆 茄子

※ブログの掲載品は基本的には
私物であり個人的な営利目的は
一切御座いません

カウンター
最新コメント
サムネイル
test
最新トラックバック
検索フォーム